スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろくじょー。⑥+追記

「ろくじょー!」

「ろくじょーどこー!?」

僕はあれからろくじょーを探しに校内を走り回っている。

「エ、中道くん!六条さんは学校来てないよ!?」

そっか。

ろくじょー来てないんだ・・・。

諦めて教室に戻ろうとしたところで彼女と始めて会ったときのことを思い出した。

―――・・・・・

「あー・・・・学校だるいな・・・・・はぁ。」

僕は日曜日だというのに講習会のおかげで学校に来ていた。

すると、何が起こったのかは知らないけど彼女に絡まれた。←

「お前・・・!!学校に来れてるだけいいだろ・・・・ッ!!」

といわれて近くにあった文芸部部室に連れ込まれて最初に戻る。

―――・・・・・・

という訳だ。

今考えると有り得ない。

すごく有り得ない。

僕はバカだった。


<続くー★>


続きを読む

スポンサーサイト

無題。⑤+追記

「あのさ、こーんくらいの小学生みたいな同級生っていたっけ?」


僕はとりあえずその場を離れて聞き取り調査をしている。

ちょっと気になっただけだから!←

「え、太一の事かよ?」「俺はそこまでちっこくねーしな!!」

「ごめん、わからない」

「記憶にないかなー・・・」

見つからないけど。



「もしかして、六条さんの事かな?」

!!

「その子について教えてくれる??」

「いいよ、えっとね――」


彼女は高校になってから桜木高校がある岡山まで引越してきた。

仲がいい子の話では、その時に親が離婚して、今は父親と一緒に住んでいるらしい。

その離婚の原因は―――――。



「教えてくれてありがとうねー!」

うそでしょ。

彼女にそんな事があったなんて。

ちょっと頭を頭を整理したい。


<続くよーひゃっほー>

続きを読む

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

無題。④+追記

こんな調子で進めていくと進まないので省略するね。


―――――――

彼女は一応この高校「桜木高校」の二年生、つまり僕と同い年。

一年生の頃から桜木高校に通ってるらしい。

が、僕は彼女は知らないし、

彼女も僕知らない。

二年も経つと同級生の顔くらいは自然と覚えている筈なんだけど―・・・・・。

「ほんとーに高校生なのかな??」

「だからそうだって言ってるでしょ!」

うう・・・・・。

怖いなぁ・・・・。

ほんとーに、この子誰!??


<続く>

続きを読む

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

無題。③

うん。

とりあえずあれだよね。

事情聞いておねえちゃんに連絡しなきゃいけないよね・・・。

「お姉ちゃんは何組なのかn「だから喧嘩売ってんの?」

怒られた。

「アタシは高校生!育ち盛り!OK??」

「なにそれわかんnボエ」

殴られた。

みぞうちHIT。

あうち。


自称高校生の小学生かな?

ははは。

冗談はおいておこう。

「えっと、全然みたことないからわかりませんでした。すいません」

「むー。よs「とか全然思ってません」

おぉ、美小学生の顔が引きつり始めたぞ!

てかこの子誰?


<続くよー>

無題。②

「とりあえず、どこの小学校から来たのかな?」

僕の精一杯の爽やかフェイスを保ちながら小学生の訪ねると、

小学生は顔を真っ赤にして怒られた。

何でだ。

「私が小学生な訳ないでしょ!?

小学校からやり直してこいよこのブタ野郎!」

ううむ・・・・・。

反抗期なのかな?

てかこの子小学生なのに高校にいて高校の制服を着てるのかな?

あれか。あの・・・・

大人っぽく見られたくてお姉ちゃんの制服借りたのかな?

あのうん。そうだ。きっとそうだろうね。

「えっと、お姉ちゃんの制服着てきたら駄目だy「ふざけんじゃねー!!!!!!!!」



もっと怒られた。


<続くよ?多分。>

無題。




今まで言われて一番傷ついた言葉はなんだろうか。

ふと、思った。

何故かといわれると意味はないが、

何故かそう思ったからである。


人は無意識の間に様々なことを考えている。

何故だろうか。

僕はこう思う。

"目の前の事から逃げたいからではないか”、と。








例えば、この様な状況に陥ったとき。


「何か言えよこの野郎!」

ちなみに僕が今いる場所は狭い路地裏でもなく、

目の前にいる人物は強面のお兄さんだったりもしない。


「腐れこのゲス!!」


僕は今、何故かは知らないが、

文芸部部室で美しい小学生・・・・美小学生に罵倒を浴びせられている。

一つ勘違いしないで欲しい事がある。

別に小学生に罵倒を浴びせられるのが僕の趣味ではないのだからな、という事。

そしてもう一つ言いたい事がある。

ついさっき、美小学生にこの言葉を浴びせられた瞬間、

僕の胸を五寸釘で打ち付けられた気分にさせられた事。









続くとは思いますよ?
プロフィール

小春日 仁孤

Author:小春日 仁孤
アニメ・漫画大好きな小春日 仁孤[コハルビ ニコ]ですー
よかったら絡んでくださいねー♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。